1. ホーム
  2. ≫技術系ならリクルートエージェントは鉄板

技術系ならリクルートエージェントは鉄板

リクルートエージェントは知名度抜群で非公開求人数も非常に多いですね。

もちろん、私も利用しました。

ここでは技術者の観点で、転職活動で実際にリクルートエージェントを使ってみたときの感想を書いていきたいと思います。

リクルートエージェントはこんな技術系にお勧め

リクルートエージェントをお勧めできる人は、2パターンあります。

まず大企業または大企業のグループ会社に勤めている人。次の転職先も、大企業を視野に入れたいと考えているのであれば、絶対に登録した方が良いです。有名どころの求人がズラリと揃っています。

あとは、業界内のシェアトップレベルの製品を有する中小企業に在籍していて、自分が持っている技術をアピールできるエンジニアの方であれば、大企業へのキャリアアップが十分に望めると思いますから、リクルートエージェントに登録しておいて損はないです。

実際、アピールできるスキルを持っている方は「転職先を選べる立場」になると思うので、今の待遇を大幅にアップできる可能性がグッと広がります。

リクルートエージェントにしっかり働いてもらいましょう。

実際、前職の大企業では、固有技術を持つ中小企業の方が多数転職してきました。そして、ちゃんと生き残っています。

話を聞くと、リクルートエージェント経由で入ってきた人が多かったですね。

隠れた優良企業も当然リクルートエージェントに登録されているので、大企業志望に限らずとも登録しておいた方が求人の取りこぼしを防ぐことができます。

リクルートエージェントは量より質を重視していると感じた

他の転職サイトでは、リクルートエージェントの求人数の多さがメリットだと書いているところが多数なんですけど、自分の場合は全くの逆でした。

リクルートエージェントは、非公開求人数自体は多いものの、実際に紹介される求人はあまり多くありませんでした。担当さんがサボっているからではなく、量より質を重視しているからだと思います。

実際、面談の最後に言われたのが下の言葉でした。

「今お勤めの会社の格・そして待遇に合う求人を紹介します」

エージェントとの最初の面談中に言われたのが、この言葉でした。

これを言われたとき、ちょっとビックリしました。DODAの面談ではこのような言い方はされなかったので…。

DODAはどんどん求人を紹介するスタイルですが、当たりっぽいのもあればハズレ気味な企業もあったのは事実です。

でも、リクルートエージェントに限って言えば、ハズレの企業は全然なかったです。

「この人にとって、この企業はマッチしない」と判断された場合、事前に撥ねているのでしょう。やたらめったら数を打っても仕方ないと考えていると思います。

そういった意味では、効率性をとても重視していますね。

よって、紹介される数が必然的に少なくなるのだなと思った次第です。

リクルートエージェントは、会社の規模や、給料などの待遇を重視してくれる意思が明確に現れていたのは確かで、「今までの生活水準を落とすことなく順調にキャリアアップをしてほしい」という想いがしっかりと伝わってきました。

実際に、自分の年収が落ちないような求人を中心に紹介してくれていたので、とてもありがたかったですね。

職種がアンマッチしそうな場合、すぐに連絡をくれた

某企業を紹介してくれた時のことです。

(リクルートエージェント:リ)

リ「某企業さんが、山ちゃんさんに品質保証のチーム入って欲しいと仰っていますが…」

私「希望は開発なので、ちょっとミスマッチな感じがありますね」

リ「そうですよね。待遇という観点ではこちらは申し分ありませんが…今回のオファーに関しては双方にとってあまりメリットは無いように思われます。面接は受けられますか?」

私「すみませんが、辞退させてください」

リ「かしこまりました。では、別のオススメな求人を紹介させていただきます」

こんなやり取りがありました。アンマッチすることがわかっていて選考を進めることほど不毛なことはありません。

リクルートエージェントさんを介したおかげで、お互い時間を無駄にせず、選考をサクサク進めることができたので本当に良かったです。

次は、ちょっとデメリットを書こうと思います。

転職する気があまりないと解れば塩対応に

これは仕方ないかもしれませんけど、DODAに比べればかなり顕著でした。

やる気があるならがんばってサポートするけど、「やる気がないならあなたへの紹介求人は一旦保留しますよ」という内容のメールが来ましたからね(もちろん、メールの文章自体はめっちゃオブラートに包んでいたものでしたが、言いたいことはそんな感じ)。

自分が地方在住だったので、勤務地の条件を絞っていたことも良くなかったかもしれません。「東京勤務も視野に入れて頂ければもっと紹介できるのですが…」というコメントも頂きましたし。

良くも悪くも効率重視といった印象です。

基本的に大きな不満はなかった

ともあれ、リクルートエージェントの対応には大きな不満な点がなく、登録しない理由は見当たりません。

早々に転職にケリを付けたいのであればDODAと一緒に登録してしまうのが確実です。

実務をバリバリやってる現役エンジニアであれば、自分から積極的に動かなくても、この2つのエージェントからしっかり紹介求人が来ると思います。

それでも不安なら、業界に特化したエージェントを一つ登録するくらい。外資に興味があったり、マネジメント職で転職したいならJACに追加登録するくらいで十分です。

私は、転職時に「自分にとってのアタリの求人をどれだけ引けるか」がとっても大事なのだと実感しました。スタイルこそは違いますが、技術系サラリーマンはこの大手2社を押さえておけば、大きな取りこぼしはないと思います。

>>リクルートエージェントの登録はこちら