1. ホーム
  2. ≫選考から内定まで。

選考から内定まで。

書類を幾つか準備したら、その月からいきなり選考応募開始です。

転職はとにかくスピーディに進みます。転職活動開始から2,3ヶ月で転職活動を終える人もザラにいます。

選考は順調!

面接は、正直ここで書くことがないレベルで順調にいきました。就職活動以来で緊張しましたが…。ちゃんと会社が求めていることと自分が供給できることがマッチすれば、そこまで難しいことではないと感じました。間違いなく就職活動の方が苦労しましたね。

面接はいつやっていたのか?

自分の場合は、業務終了後または有休(半休)を取得して行っていました。出張の合間も視野に入れていましたし、土日で実施する選択肢もあったのですが、私と会社の面接先のタイミングが合わなかったので実現せず。土日を使わなかったのは、結構珍しいケースかもしれません。

正直、かなり自分で業務を調整して時間を作らないといけませんでした。

しかし選考が進むにつれて、「今の会社はもうやめるんだ!」という意識が物凄く強くなっていったので、かなり開き直って行動していたように思います(笑)。

時間がない、有休がとれないから転職できない…。そう思っている人もいるかもしれません。

今の状態から脱出したいなら、何が何でも時間を確保するべきです。そのことで後ろ指さされちゃっても、いいじゃないですか。どうせ辞める会社なんですから。

私は今までにないレベルで残業時間をガッツリ減らして有休もしっかり取得したので、周囲からは怪しまれていたかも。ま、この職場での自分の評価なんて、転職を決めたのなら最早どうでもいいことでしたね。

最初から受かる見込みのない企業には受けない

自分と会社の希望がマッチしない場合は、ちゃんとエージェントから連絡があり、選考は事前に辞退。ちゃんとマッチしそうなものに絞って面接を受けるようにしました。

これは地味に助かりましたね。選考で面接を受けるために、働きながら時間を作ることはカンタンではありません。時間のムダを少しでもなくしたかったので、最初から会社の求める人材とマッチしないところとは最初から面接を受けずに辞退したのはとても効率的だったと思います。

エージェントが添削・作成してくれたレジュメが効いた

選考が順調にいったのは、提出した書類が良かったのだと思います。特に、特定企業向けのレジュメ(職務経歴+PR文)の添削・作成をしてもらえたのは大きかったですね。

自分だけで作る書類と、エージェントに手を加えてもらった書類は全然違います。面接ではその経歴書ありきで質問が飛んでくるので、対応もしやすかったです。書類選考・一時面接ではかなり効力を発揮したと思っています。

別業界の企業に内定!

そして、転職活動3か月目にして別業界の企業に内定を貰えました。仕事内容も自分が望んでいた内容で、年収などの待遇も申し分なし。今まで長時間労働でしたけど、残業をあまりしなくても良いとのことでした。

これは本当に感激しましたね。実際、今の職場はみんな早く帰ります。大体19時くらいには帰りますね。今までの会社で長時間労働(仕事終わるのが22時とかザラ)に慣れていたので、自分にとってはものすごく衝撃的でした。その状態で、年収が若干UPしたんです。時間単価に換算すると、しっかりUPしたことになります。めちゃくちゃうれしかったですね。

「やはり、プロのエージェントに頼んで正解だった」

心からそう思いました。